ふたもりのブログ(仮)

個人的な感想とかのまとめ。ネタバレもあるのでご注意を。

「アークナイツ イベント 『ウルサスの子供たち』」感想

f:id:futamori_tf:20201004111824j:plain
  • ロサかわ。かわいそうなのはかわいい。もっと苦しめ
  • 個人的にシナリオ大当たり。読みやすかったのもある。
  • ついに語られるチェルノボーグ事変。いつも通りの地獄。
  • 1章は明るいグムの日常の話で、闇を仄めかす程度に垣間見せつつも、ウルサス学生自治団の日常を描いたほっこり?する内容。グムかわ。ぶっちゃけ最初読んだ段階だとミスリード食らってました。前情報拾ってなかったのもあって、普通の日常回キャラ掘り下げ的に楽しんでた…。
  • 2~5章からは1章で垣間見せた闇深さの原因であるチェルノボーグ事変をズィマー、イースチナ、ロサ、リェータのそれぞれの視点から描き、これでもかと地獄を見せつけてくる。特にズィマー、イースチナ、ロサの3人はそれぞれが事変で抱えてしまった罪もあるので本当に重たい。良いぞ。
  • 6章はそれに対する現在。アーミヤが良いボスしてた。というよりカウンセラーかな?
  • 7章はゾーヤもといアブサントの話。事変の外や学園を包囲していたレユニオンの様子をやってくれたのは嬉しい。が、話的にはゾーヤが事変でどうなったのか、他の学生自治団の面々とのすれ違いはどうなるのか、といった所は投げっぱなしで終わってる。回収してくれると助かる。プロファイル読むと載ってたりするのだろうか?
  • とそんな感じで1章でほのめかした内容を2~5章で真相として具体的に掘り下げ、最後に絞める?といった感じで全体と押しての流れも個人的に良かった。
  • 地獄のような状況で必死にもがいたり苦しんだり葛藤したりして、そこから折り合いをつけて立ち上がったり立ち上がれなかったりするのは割と好物のひとつなので、個人的には大当たりのシナリオだった。
  • 特にナターリアことロサが好みだった。貴族として正しいと思っていた認識を打ち砕かれ、自身の過ちを認め、その過去に葛藤して。それをズィマーに打ち明けて、不器用ながらズィマーが励ましてくれてる所も良かったし、7章ラスで4人仲良さそうにしているのも良い。がんばり屋さんだし。結局ガチャ出るまで回した。50連くらい。
  • グムの「習慣」も初見ノーガードでいけば「なんか変わった習慣がある」だけで終わってしまうけど、事変の内容見た後だと「意味がわかると怖い話」みたいに想像が膨らんでしまうのも憎いやつ。イースチナの話を読んだ上での「高所ではふちから距離を取る」とか。でも最後の「楽しいときは笑う。皆がそうであってほしいと願っている。」はマジで救い。グムちゃんマジ天使。
  • イベントステージも攻略楽しかった。SV-4の敵が高速で駆け抜けるステージと、SV-7の対ドローン戦が個人的に特に。SV-4は中央の逆風エリアでスローやスタン撒いてキルゾーン作るのが楽しい。SV-7はクラッシャー初見は「いやそれはズルいだろ」ってなったり。
  • 今の所相変わらず昇進2Lv1縛りで攻略できてるけど、最近は困ったら真銀斬頼りになってるのは個人的に課題…。