ふたもりのブログ(仮)

個人的な感想とかのまとめ。ネタバレもあるのでご注意を。

「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」感想

魔王学院の不適合者 1(完全生産限定版) [Blu-ray]魔王学院の不適合者 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • さすがアノス様だ、なんともないぜ!
  • 清々しいまでの俺TUEEE系。俺TUEEEっぷりではお兄様以上では。
  • なんかもう敵側がどんなに凄いことしても数秒~数分後にはアノス様に返されて「馬鹿なっ!」って言ってる。
  • そんなアノス様無双っぷりを12話たっぷり見せられて訓練された結果、最終話では「ついにアノス様が殺されてしまった!」っていっても微塵も不安も心配も無かった。実際生きてた。
  • なんというか、その一連の流れが完全にテンプレで安心感がある。期待したいつも通りの展開というか。書いてて気づいたけどこれ水戸黄門的な楽しみ方や。
  • キャラも割と好きだった。特にアノス様とミシャサシャヒロインズ。
  • アノス様は俺TUEEE系主人公だけど、ありがちな実力隠して「いやー、実力バレちゃったかー、目立ちたくなかったんだけどなー(チラッチラ」とかやるタイプでなく必要なら全部ブッパしてくれるので見てて気持ちが良い。逆に周囲はそれを見ても態度が変わらないのは何なのか?とはなったけど。
  • ミシャサシャはとりあえず可愛い。しずまヒロインやぞ。
  • ファンユニオンは初出ではまさかこんな重要なポジションになるとは思わなかった…。最終話に至ってはミシャサシャよりよっぽどヒロインな役割だったし。戦闘中歌い出すと変な笑い出る。
  • ちなみに原作読んだ友人は「ファンユニオンの歌やコールで無理だった…」とのこと。わかる。アニメで見たから変な笑いが出る程度で耐えれたところはある。文章で内容を理解して頭に入れてしまうと耐えられなさそう。
  • まとめると、良い意味でB級のなろう・ラノベ系アニメだったなと。
  • 残念なのは尺不足から来るジェットコースターのような急展開の連続だけど、まあその辺も含めて楽しめれば。